つねづね感じたこと、見たことをそのまま書き綴っております。また旅行好きなものだから旅行中、デジカメで寫した写真を公開しております。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年08月22日 (木) | 編集 |
車の6か月点検に行ってきた。6か月と言ってもこちらが乗ってから5か月目だが、工場を出た月で数えるから6か月目の点検となる。
点検を受けるに当たり、もし下取りに出した車がまだあるなら、買戻ししようと考えていたが、もうなかった。
セールスマンにはその旨も話しておいたのに、・・・・・残念。

今の車が良くないとは言わない。機能、性能が良く、小回りも効き、妻に言わせると大好きだとか。
しかし、僕に言わせると女性向で小型、乗り心地も良くない。セールスマンに言わせると「前の車が良すぎたから、乗り心地の点は仕方ないですよ」。

遠出する機会が少なくなり、燃費効率の悪い大型車より然費のよい車と考え、乗り換えたものの、高額な金を出して買って買い替えた直後から愚痴とは。
「1年辛抱しましょう」との妻の言葉に負けて点検を済ませてきた。

スポンサーサイト


2013年08月20日 (火) | 編集 |

どんなきっかけがあったか忘れたが好きな歌になりました。特にこのピアノ演奏が。


2013年08月17日 (土) | 編集 |

水中はまるで別社会のよう。しましまの魚たちでいっぱいでした。


2013年08月17日 (土) | 編集 |

わ~、す~ご~い。キモチいい。
乗る前、乗ろうか、やめようか、散々迷ったが、乗ってよかった。すごく楽しい。「悔いはのこすな、思い出を残せ」。諺どおり乗って良かった。  だれがさ~ん、連れてきてくれてありがとう。


2013年08月17日 (土) | 編集 |

「もう時間だから上がれ」との上の船からの呼び出しも無視して泳いじゃった。余りにも楽しいから。


2013年08月17日 (土) | 編集 |
s-s-青魚
もう少し、もう少し、と船の上から「あがれ」の信号が送られてきても無視して泳いじゃった。


2013年08月15日 (木) | 編集 |
寝不足。
我が家と一軒おいての家に息子夫婦家族と隣り合わせに一人住まいの婦人がいる。
息子嫁との距離があるようで、いつも小さくなっている様子は伺えた。
その婦人、尿道炎で4~5日入院していたと言う。退院してその次の夜、10時過ぎに電話がきた。
夏バテで、早めに床に就いた日である。
突然鳴りだした電話の内容は「尿の出が悪くどうしたらいい?」。
まるで患者が医師に尋ねるような電話。
眠気ざまに妻が色々と聞いた結果
「そんな話はね、入院していた病院の先生に聞くことよ」。
と言うと、
「先生は夜中でいないから」。
「でも、病院なら必ず誰かいるはずよ」
「では連れて行ってちょうだい。一緒に行って・・」。
「あのねえー、夜中に個人で連れて行くと診療を断れる可能性が高いから、ここは救急車を呼んで、その病院を指定することよ」。
「そうすると、嫁に知られるから・・」と電話はつづく。

こちらは電話のやりとりですっかり目が覚めた。
そしたとうとう午前3時まで眠れない。
とうとう「深夜の懐かしいメロデーのじかん。それを聞いて伊明地にますます目が冴えた。
今日は寝不足。とんだ電話だった。

我が家にはそれではなくても医師の家でもないのに、病院のように病気に関する相談の電話がよくくる。看護師の家にはみなそうかな。


2013年08月15日 (木) | 編集 |
PIC_0326.jpg
咲いた咲いたハイビスカスの花が

好きな花だけに沖縄宮古島に行った時、苗木を持ち帰り庭で育てていたが、
冬の寒さには勝てないらしく、過去何回か花を咲かせるまでには行かず、枯らしていた。

三年前だった。
ホテルアトールエメラルドに宿泊した際、庭木の枝を切ってもらい、
持ち帰って大事に大事に室内で育てていた。

何とか冬を越したげハイビスカス。気温が上がる4月ごろから新芽をだし始め、
そして今月に入り一輪、一輪と鼻を咲かせたのです。
嬉しいです。


2013年08月15日 (木) | 編集 |
070402.jpg
あるショーの開幕直前。早めに会場に来て陣取りし、カメラの手入れしていたところ、丁度向かい側のベンチに・・・・・。
座るなりいきなりまくり上げ、いかにも見て、見て・・・とばかりのホーズ。
こちら側には多勢の観客もいると言うのに・・。
これ、撮影会だったのかなー。もしもこれが盗撮りとならばなんとかやら?で逮捕?。
では被写体は誘惑?????。これは無罪?、有罪?。
さーて、どちらでしょう。


2013年08月13日 (火) | 編集 |
s-シマシマ水着


2013年08月13日 (火) | 編集 |
s-カット済城パン
もう少し深い処へと思ったが、こんなあさいところでもみカラフルな魚たちを見ること            ができました。感激の一声です。


2013年08月12日 (月) | 編集 |


2013年08月11日 (日) | 編集 |
シマシマ水着

        南の島の海を泳ぐ3


2013年08月11日 (日) | 編集 |
s-赤パン
   
       南の島の海を泳ぐ2


2013年08月11日 (日) | 編集 |
s-白パン

                       南の島の海を泳ぐ

 


2013年08月11日 (日) | 編集 |
駿河湾から見た富士山

   いつも何氣なく見ていた富士の山。世界遺産に登録されたと言うと見る気持ちも新たになる。
   
    写真は釣り船の飢えから眺めた夕暮れ時の富士山。


2013年08月10日 (土) | 編集 |
動画の送信

[広告] VPS


2013年08月10日 (土) | 編集 |
沖縄旅行案内のテレビや、旅行者の話でよく、那覇公設市場の話や、映像がでる。

特に、食事となると、テレビや旅行者が「公設市場で・・・」と言っているのを聞く。



買い物や、お土産品を買うのに、その市場にはよく行くが、食事は公設市場ではなく、

ホテルや、一般のレストランで済ませることが多かった。



今回、話のタネにと入ってみた。

テレビや旅行者が言っているように、一階の市場で自分が食べたいと思う食材(この場合は魚)を選び、二階に行って料理してもらう仕組み。



魚屋の店長がすすめた青魚(アウユ)。タイに似た黒い大きな魚(イシダイ?)。タマンと言うさかな。それに伊勢エビではないまるぽったい大きなエビを頼んで二階へ。



調理されて出て来た料理はこれ。

PIC_0258.jpg




イメージ 1



イメージ 2



3人でも食べきれないほど。

どれも美味しいが、トビキリ美味しかったのが、エビの刺身。

これだけはお腹がいっぱいでもまだ別腹に入るほど美味しかった。

良い思い出ができたと思っている。


2013年08月07日 (水) | 編集 |
ひと(他人)は「人徳だねー。喜びなさい」と言う。
だが、周囲の者にとっては、喜んでばかりおれない事情もある。
「人徳」。わが妻のことである。
わが妻は、生来の性分と言うか、看護婦と言う宿命からきたものか、
手前味噌になるが、ひと当たりは決して悪くない。
年配者には特に評判が良いようだ。顔色を見てその人の健康状態を見抜く術もある。
道ですれ違う人にも気軽に声をかけるし、顔も広い。

そのためか、医師にかかる前に相談の電話してきたり、貰い物も多い。

喜んでばかりおれない事情とは、その貰い物のことである
妻の話によると、
「何でも私を見ると何かあげたい、と言う気持ちになると言うのだ」
と言う。

サイズが合わない靴、衣類、ハンドバックなど自分が使うものは良いとして、
健康ブラサガリ器、電動ランニング機、車輪のない据えつき室内自転車、電気ストーブ(これらは全て仲介して健康センター、介護施設に寄付した)、ゴルフ道具など、など。
これらは貰っても周りの僕が困る。近年では上手に断っているようだが、本人が一番困るのが
「看護婦さんにはいつも優しく世話になったから」

と、白衣のポケットにお金を突っ込む年配者らしい。それには一番困るらしい。

さてそれとは別に、毎年この時期に困るのが、野菜の貰い物。
いつの頃からか忘れたが、毎日朝のラジオ体操に会う老紳士。
その方は貸農園で野菜つくりを楽しんでいるが、夫婦二人では処分出来ないとかで、
毎年、いろいろな野菜をたくさんくれる。

一昨日も、ニガウリ、茄子、キュウリをたくさん頂いたばかり。なのに今日は大きなトウガンを丸ごと一個頂いた。
こちらも夫婦二人家族。「食べ方も知らないのにどうして貰った」と怒るが、人徳なら仕方ないか。
そのうち、男の人も貰ってこないでよー。と笑った。


2013年08月02日 (金) | 編集 |
8月2日。
全日本柔道連盟の上村会長が8月に辞任するとの新聞記事を読んだ。
自発的に辞任するのではなく、周囲、関係者の辞任要求に対し、のらりくらりと交わして来た会長。
内閣府の辞任要求とも取れる「組織の立て直し」を突きつけられては逃れられないとの考えからの決断か。
暴力問題、助成金の不正受給、セクハラなどなど、数々の不祥事を起こしながら、のらりくらりと言い逃れ、責任、辞任に関しては全く口を閉ざしていた会長。
一般の会社の長なら、いや責任ある立場にいる者なら、内部に不祥事が起こればその責任を取り辞任すると言うのが一般的な常識と思う。
加えて言うならば、人気のある時、花のある時、惜しまれて去るのが美しいとも思う。
それに比べると上村会長はどうも引き際の悪い方だなーと感じた日であった


2013年08月01日 (木) | 編集 |
修正済純と愛ビーチ
さきのNHK朝の連続放送劇「純と愛」の舞台となった沖縄・宮古島の離島池間島ビーチ。
これは写真ではない。知人の娘さんが描いてくれた池間島ビーチ。
ネコがいるのと、ハイビスカスの花が配置良く咲いているのが違う以外は実景とまったく同じ。絵描きが本職ではなく、描いて遊ぶのが好きだと言われるが見事な絵が自宅にはズラリとある。
「好きなだけもって行って」といわれ、遠慮なく頂いてきた一枚のなかの一つ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。