つねづね感じたこと、見たことをそのまま書き綴っております。また旅行好きなものだから旅行中、デジカメで寫した写真を公開しております。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年07月28日 (日) | 編集 |
沖縄宮古島旅行中、地元の食品市場を覗いて見た
見慣れない食品が山と積まれている。
山と積まれた見慣れない果物の売り場を歩いている中に、
やっと地元産と思われるマンゴー、バナナ、みかん、キュウイが並べられている売り場にたどり着いた。
ホットして、マンゴーを指さしながら、「これは地元産ですか」と店員に尋ねた。
すると店員さん
「フイリッピン産です」と。
地元産は評判もよく、おいしいが品不足で値段もが高いから輸入品を並べているという。

野菜売り場に回って見ると、そこにも地元産はサツマイモボチャだけであとはキャペツ、大根、ニンジン、ゴボウ、レタスなど葉野菜にいたるまですべて輸入品だとか。

水産品になるともっとひどい。海国(島)だから、水産品だけはすべて地元産だろうと、と思っていたらその逆。
安いうなぎは台湾さん。アサリなど魚介類は韓国産。
そして肉類はオーストラリヤ、イギリス、アメリひしめいている。

TPP、聖域なく関税の撤廃交渉はまだ始まったばかり。なのに輸入関税を払ってでもこれだけの輸入がある。
tppが完全実施されるとあとどれだけの品が我々の口を狙って押し寄せてくるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。